Oラインとは?Oラインの脱毛の主な手順と一般情報について

見られるのが最も恥ずかしい部位の一つにOラインがありますが、脱毛を希望する方は少なくありません。
Oラインについて知っておくと、いざ脱毛を受けようというとき恥ずかしいということもないでしょう。

 

・Oラインはどこを指すのか

 

Oラインは校門付近のことで、ムダ毛が生えているかどうか自分では最も認識しづらい部分の一つです。
しかし背中のように鏡で見て自分で確認するのを躊躇しない部位ではないため、自分で確認しようという勇気が持てないと言う人も多々います。
ですがOラインにムダ毛が生えていると排せつ物が付着することで不衛生になり、感染症にかかる可能性も出てきますし、かゆみやかぶれの原因にもなります。

 

・Oラインの脱毛はどんな体制で行う?

 

ではいざOラインを脱毛しようと決めたとき、気になるのはどんな体勢で行うのかということではないでしょうか。
Oライン脱毛は四つん這いになってお尻を上げた状態で行います。
この姿勢でなければ脱毛士からOラインの全貌を見ることはできませんし、フラットにならないので光を当てづらくなってしまうからです。
はずかしいと思う人もおおいですが、たいていはショーツなどを履き、施術直前までOラインを見られることはありません。
また効果が目に見えてくると恥ずかしいという気持ちが薄れてきますし、施術に時間がかかる部位ではないので、恥ずかしさは軽減していくようです。

 

・Oライン脱毛の痛みはどのくらいか

 

ところでvio脱毛の中でもOラインの脱毛は非常に痛いと言われています。
実際にどのくらいの痛みなのかと言うと、IラインやVラインとは比較にならず、全身度の部位よりも痛いという意見がほとんどです。
ですから痛みに耐えられないと言う人もいるのですが、施術はすぐ終わりますし、痛みがひどければ出力を下げてもらうこともできますので、耐えられる人の方が多いようです。
またOラインはムダ毛がないと言う人も多く、お尻周りの処理で終わるという方もいますので、必ずしもOラインは脱毛しなければならないということではありません。

 

・傷つきやすいからこそ専門家に頼ろう

 

OラインはIライン同様粘膜にあたりますから、恥ずかしいから自分でムダ毛処理をするということはできません。
どうしてもOラインの脱毛をしたいのなら脱毛サロンや医療機関で施術を受けましょう。
傷つきやすい部位ですから感染症や腫れの原因になるばかりか、痔のようになる可能性もありますので一人で無理をして処理しようとしないでください。