脱毛する前に知っておくべきVラインとは?

vio脱毛を受けようと思う人と、Vラインのみ脱毛しようと言う人に別れることが多いのですが、そもそもVラインとは何でしょうか。
脱毛を受ける前に知っておきたいVラインについてみてみましょう。

 

・Vラインの定義

 

Vラインとはビキニラインとも言われ、下着を身に着けたときにちょうど正面から見て隠れる部分を指します。
鼠径部分がV字に見えることからVラインという名称がつけられたのですが、毛の量は人によって違いますから脱毛したいと言う人がいるのもうなずけます。
毛の量が多い人だとへその周りからずっと下に向かって生えていますから、恥ずかしいと感じる人は多く、脱毛部位として人気の高いラインです。

 

・vioラインの中でもっとも処理しやすい部位

 

Vラインは3つまとめて処理が検討されるvioラインの中で最も脱毛処理がしやすい場所です。
というのも施術面積が非常に広く、またデザインも自由自在にできるからです。
ポピュラーな逆三角形をはじめ、小さめの逆三角形やたまご型、すべてのムダ毛を無くしてしまう方法にハート形などもあります。
さらにIライン、Oラインに比べてVラインは皮膚が比較的厚いので痛みを感じる度合いが比較的低く、精神的ストレスを感じることなく脱毛することがで切るとされています。
ですからVラインの脱毛を希望する人は多く、きれいに水着を着たい、下着からはみ出るムダ毛を処理したいという方に支持されているのです。

 

・自己処理が比較適しやすい

 

Vラインは自己処理もIラインやOラインに比べて比較的簡単な部位です。
鏡を正面から見ればほぼ全部のムダ毛が見れますし、へそから下はシェーバーを使えば自分でも簡単に処理することができます。
1本1本丁寧に自己処理することができるので、脱毛サロンに行かなくても秋から春のまだ薄着にならない季節は自己処理で済ませてしまう人も多いようです。

 

・気になるなら脱毛サロンへ

 

ただVラインのムダ毛が濃い、見えない部分にもたくさん生えている、自己処理でカミソリ負けしたことがあるなどという方は脱毛サロンや医療機関で脱毛しましょう。
脱毛サロンや医療機関なら安全を考え、肌トラブルの比較的少ない方法で脱毛処理を行ってくれますので安心です。
自己処理するより料金はかかりますが、6回程度通えば満足できるだけの脱毛効果は得られるという意見が大半です。
しっかり脱毛したいなら何年も通う必要がありますが、Vラインのムダ毛を今の時期だけどうにかしたいという方は水着シーズンの終わるころから脱毛サロンに通い始めると、ちょうど翌年の水着シーズンには脱毛が終わるのです。