vio脱毛で黒ずみになってしまう原因と対策を知っておこう

vio脱毛の悩みで意外と多いのが黒ずみができてしまうということです。
なぜvio脱毛で黒住ができてしまうのか、その原因と対策をチェックしてみてください。

 

・黒ずみは色素沈着

 

脱毛してみるとVラインに黒ずみができていた、というのは多くの女性の悩みです。
一度黒ずみができると消えることはありませんし、水着になったときなど恥ずかしいと感じてしまいます。
この黒ずみはメラニンが色素沈着したもの、つまりシミと同じ原理でできています。
ダメージや紫外線によって肌の奥でできたメラニンが皮膚表面に表れ、ターンオーバーで剥がれ落ちることなく肌にとどまってしまったものなのです。

 

・vio脱毛で黒ずみができる理由

 

なぜvio脱毛をすると黒ずみができるのかと言うと、多くはカミソリが原因です。
カミソリを直接肌に当てると、見た目には傷ができていないように見えても実は細かい傷が皮膚の上1枚を傷つけています。
深く切れば分かるのですが、最近は安全なカミソリが増えたため目に見えないのです。
傷ができると皮膚は傷を修復するためにメラニンを発生させます。
メラニンは防御の役割もありますから、傷がこれ以上ひどくならないようにする働きもあるのです。
すると傷が治っても、メラニンは残ったままですから皮膚表面に浮かび上がってターンオーバーで剥がれ落ちずに色素沈着を起こしてしまうのです。
そして色素沈着したメラニンがvioライン上に沿って黒ずみとなってしまうということです。

 

・摩擦を避けよう

 

黒ずみを作りたくないなら一番に避けるべきはカミソリやタオル、下着などによる摩擦です。
特にVラインは常に下着の摩擦を受けている部分ですから、避けるためにはボクサータイプにするなど工夫が必要です。
また自己処理をするときも摩擦を避けるためにカミソリを使うのではなくハサミや電気シェーバーを使った方が比較的黒ずみにはなりづらいと言われています。
お風呂やシャワーから上がったときのタオルも摩擦になりますので十分注意しましょう。

 

・vio脱毛は専門家にしてもらおう

 

vio脱毛をしたい、という場合は自己処理をして黒ずみを作ってしまうより、脱毛サロンや医療機関で受ける方が黒ずみにはなりづらいです。
自己処理をするとどうしても肌を傷つけメラニンが発生してしまいますが、脱毛サロンなどは光脱毛やレーザーなど肌にメラニンを作らず黒ずみの原因を作りません。
ですからどうしてもvio脱毛をしたいけれど黒ずみが心配という場合は専門家に依頼しましょう。