vio脱毛の前処理はどんな事をすれば良いか?

脱毛サロンなどでvio脱毛を受ける場合、必要な前処理はどのように行えばいいのでしょうか。
間違えないためにも前処理の手順と注意点をチェックしてみましょう。

 

・はさみを使おう

 

vio脱毛の前処理ははさみをつかうと上手く短くカットすることができます。
カミソリなどを使う人もいますが、カミソリは肌自信を傷つけるため特に翌日vio脱毛を受けるという場合は痛みを感じやすくトラブルも起こりやすいです。
さらに前処理はムダ毛全部を剃ってしまうより少しだけ残した方が、光脱毛やレーザーの場合は上手に黒色に反応してくれるので効果が上がりやすくなります。
ですからvioの前処理をするときは先の丸いはさみで短めになるよう切りましょう。

 

・怖い時は無理をしないという選択肢も

 

vio脱毛の前処理は必ずして着てくださいと言う脱毛サロンが多く、遅くても前日までには短めにカットする必要があります。
鑑を使ってIラインやOラインの見えない部分もきれいにカットするといいでしょう。
ただ慣れない部分をカットするわけですから、肌を傷つけてしまったらどうしようという不安もあります。
その時は決して無理をせず、脱毛サロンに相談してみてください。
場合によってはvio脱毛の前に脱毛サロンで前処理をしてくれるオプションがついているかもしれません。
自分で無理して肌を傷つけてしまうと当日の施術を断られることもありますので無理はしないようにしましょう。

 

・そり残しが合った場合

 

もしvio脱毛の前処理で処理し切れなかった分があったらどうすればいいのでしょうか。
その場合、有料か無料で脱毛サロンで前処理を行ってくれます。
前処理をしていなければ脱毛が受けられないという脱毛サロンもありますが、大概は前処理をしてくれます。
またvio脱毛の前処理が有料になるか無料になるかは脱毛サロンごとに違いますので、不安なかたは無料で前処理をしてくれる脱毛サロンを選ぶようにするといいでしょう。

 

・注意が必要な前処理

 

前処理は見えない部分あるいは慣れない部分のムダ毛をカットするわけですから皮膚を誤って切らないよう注意が必要です。
どうしてもハサミが使いづらい場合は2〜3日前までに電気シェーバーで処理すると、当日処置可能なくらいにムダ毛は伸びています。
チクチクするかもしれませんが、脱毛処理を終えて数日たてば解放されます。
またデザイン脱毛をしたいからとわざとカットしない部分を作る人もいますが、それではいびつになってしまいますので全体を前処理し、デザインは脱毛士にお任せしてください。