vio脱毛の傷みは実際にあるの?主な脱毛法と痛みについて

vio脱毛はどのように行われるのか、また痛みが強いと言うけれどどのくらい強いのか気になる方もいるでしょう。
実際にvio脱毛の方法と痛みについてどのようなものがあるのか見てみましょう。

 

・主流の光脱毛

 

vio脱毛の主流は脱毛サロンで行われている光脱毛で、医療機関のレーザー脱毛よりも弱い光を当てる方法です。
メラニンだけに反応する光が処理したいムダ毛の毛根及び周辺組織にダメージを与えることでムダ毛が抜けやすい状態にします。
処置の前後に冷却を行いますし、冷却装置のついた機器を使用している脱毛サロンもあるので、痛みはどのvio脱毛の方法に比べても少ないと言われています。

 

・医療機関で行われるレーザー脱毛

 

皮膚科や美容外科で行われるvio脱毛はレーザー脱毛で、光脱毛より出力が高く、医師が施術します。
毛根と周辺細胞を焼き切るので効果が高く、永久的にムダ毛が生えてこないと言われています。
医師法にのっとって施術ができるため永久脱毛を名乗ることができ、またトラブルが起こっても医師が常駐しているのですぐに対処してもらうことができます。
光脱毛もレーザー脱毛も一度に広範囲のムダ毛を処理することができるメリットがありますが、医療レーザーは出力が大きい分痛みは強いと言われています。

 

・光脱毛より効果が高いと言われるニードル脱毛

 

脱毛サロンで今はあまり扱われていませんが、一部取り扱っているのがニードル脱毛です。
ニードル脱毛は毛穴一つ一つに針を刺し、電気を流して毛根と周辺組織を焼く方法です。
1本1本処理するので時間が非常にかかり、しかも痛みが激しいという欠点があるため、本気で脱毛したい方や二度とムダ毛に悩まされたくないという方が受けています。

 

・痛みは個人差がある

 

vio脱毛の方法は主に3つですが、痛みの度合いが最も低いのは光脱毛とされています。
ただ痛みの感じ方には個人差がありますので必ずしもvio脱毛を受けた全員が激しい痛みを感じるわけではありません。
元々デリケートゾーンは皮膚が薄いので痛みを感じやすく、脱毛の痛みに耐えられない人も中にはいます。
もちろん施術中に痛みに耐えられなければ、脱毛士や医師に訴えることで出力を下げてもらうことはできますし、ニードル脱毛を中断して光脱毛に切り替えることもできます。
またカウンセリングの時に痛みに弱いことを伝えておけば、あらかじめ低い出力でvio脱毛してくれることもありますので、不安な方は相談してみるといいでしょう。